クレジットカードの全てがここに

クレジットカードの案内所

イオンカード ゴールドカード

イオンゴールドカードの特典とメリットデメリット

投稿日:

イオンゴールドカード

イオンゴールドカードには様々な特典がある

みなさんはイオンカードを使用した事がありますか?
イオンカードは通常のカードでも~のようなメリットがあり、普段使いに非常に適したカードなのですが、実はイオンカードにもゴールドカードが存在します。
その他のゴールドカードのように申し込みで取得する事は出来ず、インビテーションでのみ入手する事が出来るのですが、ゴールドカードなのに年会費が無料なのが大きな特徴です。
また、年会費が無料にも関わらず他のゴールドカードに引けを取らない多くの特典、メリットがありますので当記事で紹介していきたいと思います。

※通常のイオンカードについては下記の記事を参照してみてください。

楽天カード支払日メイン画像
【AEON】イオンカードwaon一体型の使い方

目次1 イオンカードwaon一体型とは何か1.1 waon(ワオン)とは1.2 イオンカードとwaonが一体型に2 イオンカードのメリット2.1 メリット1:ときめきポイントが2倍2.2 メリット2: ...

続きを見る

イオンゴールドカードのメリット

イオンラウンジが利用できる

イオンラウンジ
引用元:http://aeon.s2.coreblog.jp/イオンラウンジの利用条件&設置店舗一覧/

イオンゴールドカードを所有していると全国のイオングループの店舗内に設置されているイオンラウンジを無料で利用する事が出来ます。
イオンラウンジでは果物ジュースやコーヒー、健康飲料等の飲み物が置いてありイオンゴールドカード保有者であれば無料で飲むことが出来ます。年会費が無料なのに無料でラウンジを使う事が出来て、飲み物も無料で飲めるというお得感がすごいですね。ちなみにイオンカードやイオンカードセレクト等の通常カードではイオンラウンジには入る事が出来ないのでご注意ください。

羽田空港ラウンジが利用できる

羽田空港ラウンジ

イオンゴールドカードを所有していると羽田空港内にあるエアポートラウンジを無料で利用する事が出来ます。ラウンジでは座り心地の良い椅子に座り、無料でドリンクを飲みながら新聞や雑誌を読むことが出来ます。イオンゴールドカードを所有していないと利用には1,000円弱の料金が掛かりますので単純にかなりお得ですね(*^_^*)また、有料ではありますがマッサージチェアやipad等のインターネット端末を利用する事も可能です。

羽田空港エアポートラウンジ(中央)

エアポートラウンジ中央

場所:第1旅客ターミナル1F マーケットプレイス

羽田空港エアポートラウンジ(南)
エアポートラウンジ南

場所:第1旅客ターミナル2F 南ウイング

エアポートラウンジ(北)
エアポートラウンジ北

場所:第1旅客ターミナル2F 北ウイング

エアポートラウンジ
エアポートラウンジ

場所:第2旅客ターミナル2F ゲートラウンジ

エアポートラウンジ
エアポートラウンジ

場所:第2旅客ターミナル3F ターミナルロビー

エアポートラウンジ
エアポートラウンジ

場所:第2旅客ターミナル4F 北ピア

旅行傷害保険

海外旅行 ※自動付帯

海外旅行に行った際に保険が無料で付帯され、カードの利用の有無に関わず最長で1カ月間補償してもらう事が出来ます。

補償(支払い限度額)

内容 最高補償額
傷害による死亡・後遺障害 3,000万円
傷害による治療費用 200万円
疾病による治療費用 100万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 30万円
救援者費用 100万円

『治療費用で100万や200万なんて使わないよ~、おおげさだなあドラえもんは』なんて考えるかもしれませんが、海外での治療費って実はめちゃくちゃ高いです。国や地域にもよりますが2~3日入院するだけで平気で100万とか200万かかる場合もあります。よって、海外旅行に少しでも行く可能性のある人はクレジットカードを作る際にこの海外旅行保険が自動で付帯するかはかなり重要なポイントになってくるというわけですね。
ちなみに旅行保険は通常のイオンカードでは付帯しないので、ゴールドカードを所有している必要があります。

国内旅行 ※利用付帯

イオンゴールドカードを利用しているという条件付きではありますが、国内旅行の際に下記の保証を受ける事が出来ます。

補償内容(支払い限度額)

内容 最高補償額
 傷害による死亡・後遺障害 3,000万円
 傷害による入院(※最高180日間) 5,000円/日
傷害による通院(※最高90日間) 3,000円/日

年会費が無料のカードで国内旅行保険が付帯しているクレジットカードはほとんど無いですので、旅行保険の面でもイオンカードが如何に優れたカードかという事が分かりますね。

ショッピングセーフティ保険

ショッピング保険

イオンゴールドカードにはショッピングセーフティ保険という名のショッピング補償がついており、イオンゴールドカードで購入した商品(5,000円~300万円)が偶然の事故(盗難や破損、火災など)で破損や消失した場合購入日から180日間、年間300万円まで補償してもらう事が出来ます。
通常のイオンカードにもショッピングセーフティ保険はついているのですが、年間50万円までしか補償がついていないのでかなりグレードアップしていますよね。
年間300万円のショッピング補償というのはゴールドカードの中でもかなり高い金額であり、年会費1万円のJCBゴールドカードや年会費2万円のMUFGプラチナアメックスと同等の補償額になります。年会費が無料という事を考慮するとすごい事ですよね。

イオンゴールドカードのデメリット

イオンゴールドカードですが、所有する事で何かデメリットはあるのでしょうか?
先に結論を言ってしまうとイオンゴールドカードを所有する事でデメリットは特に発生しません。
おいおい、カードに入会させるために良いところばかり言って・・・なんて思われるかもしれませんが、イオンゴールドカード利用時にデメリットは無く、むしろメリットだらけなんです
通常ゴールドカードは所有しているだけで年会費が掛かるものが多いですが、イオンゴールドカードは冒頭でお話した通り年会費が0円です。分割払いやリボ払いをしなければ手数料も掛からないので、イオンや空港のラウンジや、金額の高い保険を無料で使えるという特典だけ享受する事が出来るわけですね。

-イオンカード, ゴールドカード
-, , , ,

Copyright© クレジットカードの案内所 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.