クレジットカードの全てがここに

クレジットカードの案内所

Amazonカード

【Amazonカード】Amazonを利用する人であれば200%持っておいた方がいいクレジットカード

投稿日:

アマゾンカードメイン画像

Amazonを頻繁に使う人であれば200%持っておいた方が良いカード

皆さんはAmazonがクレジットカードを発行しているという事を知っていますか?僕は元々知らなかったのですが、有名ブロガーの永江一石さんのブログで紹介していたのを見てはじめて知りました。
(確か内容はAmazonのクレジットカードの還元率がすごすぎて他のクレジットカード会社が駆逐される…のような内容だったかと思います。)
Amazonカードはその名の通り大手通販サイトを運営しているAmazonが発行しているクレジットカードです。デザインはAmazonの段ボールをモチーフにしているようで、下の画像のものなのですが、なんとなくオシャレでいい感じですよね!

Amazonカード

Amazonカードは三井住友カードとAmazonが提携して出来たクレジットカードで、カードブランドはマスターカードのみです。マスターカードであれば国内でクレジットカードを使用できるお店であればほとんどすべてのお店で使えると思いますので、特に問題はないですね。

Amazonカードの還元率は驚異の2%

では、気になるAmazonのクレジットカードの還元率を見てみましょう。

Amazonクレジットカード比較

Amazonのクレジットカードの還元率は、下記の通りになっています。

*Amazonでの利用の場合
クラシックカード…1.5%(プライム会員は2%)
ゴールドカード…2.5%※Amazon以外での利用の場合1%

通常クレジットカードでは0.5%の還元率のカードが多く、通常の利用で1%の還元率があるだけでも嬉しいところですが、やはりAmazonが発行しているクレジットカードだけあり威力を発揮するのはAmazonで利用した時ですね。年会費の掛からないクラシックカードで1.5%~2%の還元率とは非常に美味しいです!

実は、元々はプライム会員の場合でも還元率は1.5%だったのですが、2016年の10月から還元率は0.5%上がり、ゴールドカードの還元率も2%⇒2.5%と上がりました。

通常ある程度会員の囲い込みが完了すると還元率を下げるのが一般的ですが、ユーザー数がある程度いるにも関わらず還元率を上げるとはAmazon恐るべし…というかさすがAmazonという感じですね。

キャンペーンももちろんやっています

amazonカードキャンペーン画像

クレジットカードではもはやお馴染みのキャンペーンももちろんやっています。
ただし、いつでもキャンペーンをやっているわけではなく期間限定で行っているようです。参考までに過去にやっていたキャンペーンでは最大で下記のポイントがもらえたようです。

*期間
2016年3月7日(月)0:00~4月6日(水)23:59

*ポイント
Amazon Mastercard クラシック…8,000ポイント
Amazon Mastercard ゴールド…9,000ポイント

*備考
新規入会特典のAmazonポイント(クラシック2,000ポイント/ゴールド3,000ポイント)に加え、キャンペーン特典6,000Amazonポイントをプレゼント

他のクレジットカードの入会キャンペーンのポイントでは合計でも5,000ポイント前後のところが多いのでクラシックカードで8,000ポイントもらえるというのはかなり大きいですね!
ただし、前述した通りキャンペーンをやっている期間は限られているので、どうしてもキャンペーンのポイントは欲しいという方はカードを作るのを少し待つのも1つの手かもしれません。

Amazonカードのメリットとデメリット

では次はAmazonのクレジットカードのメリットとデメリットについてどんなものがあるかを調べていきましょう。

メリット

まずはAmazonカードのメリットを把握するために、基本情報の一覧表を確認していきましょう。

Amazonクラシックカード Amazonゴールドカード
発行対象 満18歳以上の方(高校生は除く)
※未成年の場合は親権者の同意が必要
満20歳以上で継続収入がある方
年会費 初年度無料
2年目以降1,350円
※2年目以降は前年度に一度でも利用があれば無料に
10,800円
※ただし条件によっては6,320円まで下げる事が可能
傷害旅行保険 なし 最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険
お買い物安心保険 年間100万円まで 年間300万円まで
空港ラウンジサービス なし 全国主要空港のラウンジが利用可能
 電子マネー   iD
ETC 初年度無料
2年目以降540円
※2年目以降は前年度に一度でも利用があれば無料に=実質年会費無料

こうして見るとクラシックカードでは一見年会費が掛かりそうに見えますが、前年度に一回でもカードの利用履歴があると翌年度の年会費が無料になるため、実質年会費は無料と考えておいて良いかと思います。
年会費が無料で還元率が1%を超える(Amazonでの利用でプライム会員であればなんと2%)カードは貴重なので、Amazonカードの大きなメリットと言えそうですね。
また、ゴールドカードのメリットとして、ゴールドカードを所有しているだけでプライム会員の特典が使い放題になるという事があります。

デメリット

Amazonカードはクラシックカードであれば年会費は掛からないので、デメリットは正直ないといっても差し支えないかと思います。
還元率もAmazon以外の利用でも1%と決して低くは無く、普段使いのカードとしても十分使えそうな感じがします。

ゴールドカードのデメリットは年会費が掛かるという事ですが、ゴールドカードはAmazonの利用であれば2.5%と還元率が高く、空港

-Amazonカード
-, , , ,

Copyright© クレジットカードの案内所 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.