クレジットカードの全てがここに

クレジットカードの案内所

YJカード

Yahoo!JAPANカードの国際ブランドはどこがおすすめ?メリット・デメリットを調べてみた

投稿日:

yjcard-brand-1

クレジットカードを作る時に気にしておきたいのが国際ブランド。いわゆるVISAとマスターカードとかですね。

実際には選べるクレジットカードと選べないクレジットカードがあるのですが、今回作ったYahoo!JAPANカード(YJカード)は国際ブランドを選択できるクレジットカードです。

実際に作る時に「どれが一番いいんだろ・・・」と感じたので、国際ブランド別のメリット・デメリットを調べてみました。これからYahoo!JAPANカードを作ろうと思っている人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

国際ブランドとはどんなものなのか

クレジットカードの国際ブランドとは、大きくいうとクレジットカードの分類のことを言います。なんとなく聞いたことはあると思うのでわかるかもしれませんが、VISAカード、マスターカード、JCBカード、ダイナーズクラブなどなど・・・

聞いたことありますよね?

実はそれぞれにちょっとした違いなどがあるんです。基本的には還元率などは同じなのですが、そのちょっとした違いを探っていきましょう!

YJカードでは審査に違いは・・・なさそう

一応審査についてですが、審査に違いはないかと思います。なので、Yahoo!JAPANカードですとマスターカード、VISAカード、JCBのどれを作っても審査基準は同じです。

まぁそもそも、国際ブランドというのはあくまで審査の機能を提供しているだけの立場なので、あんまり審査には影響がないんですよね。それにYahoo!JAPANカードの審査自体は元の会社の株式会社ワイジェイカードが審査を行いますので、ほとんど影響がないと考えても良いと思います。

ただし、Yahoo!JAPANカード以外ではリクルートカードなど、国際ブランドの違いによって審査の難易度に違いが出てくる会社もありますので、気をつけておきましょう!

ブランドのシェア率はVisaが一番

Yahoo!JAPANカードは国際ブランドを選択でき、その特典などは変わらないという話をしましたが、海外での利用を考えると大きく変化があります。

yjcard-brand-2

引用:https://www.nilsonreport.com/publication_special_chart.php

こちらの画像をみていただければわかるように、海外で一番利用できる場所が多い国際ブランドがVISAなんですよね。マスターカードも27%と数を増やしていますが、JCBに至っては2.7%・・・

実はJCBは日本初の国際ブランドなので、海外での取り扱いはまだまだ少ないんですよね。とはいえ、この2%という数字は少なく感じているかもしれませんが、僕がイタリアに行った時などはJCBも対応しているお店が多かったのを覚えています。

まぁ海外で利用するならマスターカードかVISA、国内での利用がメインなのであればJCBも選択肢に入ってきます。

YJカードの国際ブランドのおすすめを考えてみる

さて、では結論的にYahoo!JAPANカードの国際ブランドは何が良いのか。先ほども行った通り、海外での利用も考慮に入れると、MasterかVISAに絞られます。

国内での利用を考えるとこのVISA、マスターのアドバンテージがなくなってJCBが選択肢に入ってきます。で、この3種類での選択の場合は電子マネーが大きく鍵を握っています。

国際ブランド  nanaco au ウォレット Tマネー
VISA  ○ ×  ○
Master  ×  ○
JCB × × ×

主な電子マネーで考えるとこの3種類ですね。Tマネーだけ言いたことがないかもしれませんが、Tマネーとは、Tカードにチャージする形で利用する電子マネーです。そもそもyahoo!JAPANカードだとTポイントがたまるので、利用の機会は少ないかもしれません。。

それでいうとやはりauウォレットとnanacoの一騎打ちになるかと思うのですが、セブンイレブンで公共料金も支払うことができるnanacoの方が利便性としては上な気がしますね・・・

個人的なおすすめでは、海外利用を考えるのであればVISAかMaster、国内でいえばnanacoがおすすめですね!

-YJカード
-, ,

Copyright© クレジットカードの案内所 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.